ボクシングを続ける不安をパワーストーンで解消

人によってパワーストーンに込めている願いの数はまったく違うと思います。毎日違った夢をパワーストーンに込めている為に1年365個の夢を込めている人も居るかもしれません。私の場合は絶対に夢が叶ってほしいと考えている為に、一つのパワーストーンに込める願いの数は一つだけと決めています。その為にいくつものストーンを持ち歩く事になっているのですが、一つ一つのストーンに込めた願いを自分でもしっかりと覚えている為に、その願いの深さを忘れず、自分の気持ちを引き締める為のアイテムとして大活躍してくれています。私は小さい頃からボクシングを習っており、その時は喧嘩に負けない様に強くなりたいという程度に考えていなくて、その時はボクシングの試合に負けても何も気にせず練習を続けていました。

しかし、プロを目指すのも良いのではないかと考え始めた瞬間に、ボクシングの試合に負けるたびにプロの道が遠のいていく感じがして怖くて仕方なくなりました。それを母親も感じ取っていたらしく、以前に比べて試合に負けた時に落ち込む様になったと指摘され、落ち込みすぎると練習の内容にも響くから気にしない方が良いと言われたのです。そうアドバイスされても不安な顔を私はしていたらしく、私の顔を見て母親が買ってきてくれたのがパワーストーンでした。このパワーストーンにプロのボクシング選手になりたいという願いを毎日込めて、このストーンを見るたびに今まで何回願いを込めたか思い出しなさいと言われました。そうする事でどんな困難も乗り越えられるはずだと教えられ、実際に毎日パワーストーンにプロのボクシング選手になれます様に願いを込めていると、願いを込めている間は不安な気持ちが全て吹き飛んでいる事に気付いたのです。それに気付いてからは何かボクシングで不安な事がある度にパワーストーンを買ってきては願いを込めていました。

例えばボクシングをしていて膝が悪くなってきた時に、本当にストレッチで膝が良くなるのか不安だった時は、きっとストレッチを続けていれば膝が治ると信じてパワーストーンに願いを込めました。願いを込める事で数々の不安を吹き飛ばして、自分の精神的な弱さを封じ込めてきたのです。気付くと自分は以前とは比べ物にならないぐらい不安な出来事に打たれ強くなっており、心の強さはボクシングの試合の結果にもしっかりと表れる様になってくれました。今ではプロのボクシング選手に絶対になれるという、大きな自信を持ってボクシングの練習を頑張れています。

コメントを残す

*